[広告]

LINEで送る
コミュに参加
 歌舞伎町の求人知識
【 目 次 】
繁華街の仕事に対する基礎知識
《各業種の特徴》
  〔ボーイズ系〕
   ・ホストクラブ
   ・メンキャバ
  〔ガールズ系〕
   ・ガールズバー
   ・キャバ系
   ・セクキャバ
   ・ニューハーフ
  〔ワイワイバー&ショップ&飲食系〕
   ・ワイワイバー
   ・ショップ&飲食系の各業種


 


《繁華街の仕事に対する基礎知識》
繁華街の特徴などを簡単に言うと、
忙しいお店が多いので時給などが高めに
設定されている事が多いです。
ですが、それ以外に繁華街こその業種というのが
存在します。
当サイトでいう
「ガールズ系」と「ボーイズ系」
がそれに当たります。
この繁華街特有ともいえる業種は
世間で昼職といわれる業種と違い、
仕事が出来る人ほど給料が高いと同時に、
仕事が出来ない人は給料が安い
という部分があります。
とはいっても、女の子の場合は
仕事が出来ない人でも昼職より
給料が悪いケースが少ないのは事実です。
また、男性と女性の違いを軽く述べると
女性の場合、先ほども言ったように
どんなに仕事が出来なくても給料が昼職より
下になるケースはまれです。
その代わりという感じで問われるのが、
容姿になります。
戸籍上「女」であれば誰でも働ける
というものでは無く、それなりに女性としての
魅力が問われます。その問われ方も
ギャル系のお店
綺麗なお嬢様風のお店
などコンセプトがあるので
コンセプトに合っていれば
比較的働く事が出来ます。
また、男性の場合は女性ほど
容姿などは問われません。
どこに行っても大抵採用されるでしょう。
そのかわり、いい仕事が出来ない場合、
昼職より給料が悪くなり、
履歴書にも書けず、給料も安いという
最低のスパイラルになります。
その辺も考えて自分に合った
お店選びが重要になると思います。

目次へ戻る
 


《ホストクラブの特徴》
ホストクラブは、
男性従業員(ホスト)が女性客の隣に座って
接待し、客に飲食をさせる飲酒店。
基本的なサービスは、ホストと
飲食を共にしながらの歓談、給仕、カラオケ
などである。性的サービスは許されていない。
客層は、OLや主婦、仕事帰りのキャバ嬢、風俗嬢
などさまざま。
時間帯によって客層や店の雰囲気が変わる。
類似の業種に「メンズキャバクラ」がある。
メンズキャバクラとの違いは、
元々はwikipediaにも書いてあるが、
ホストクラブというのは女性版でいう
「クラブ」に該当し、座っていくらという形で、
オープンラストで居ても追加料金に該当する行為を
しなければ、定額である。
また、永久指名というのが一般的である。
従業員側での違いとして、給料の支払い方法が
日給計算になっている場合が多い。
なので、短時間での出勤などには
対応しにくいという場合が多い。

目次へ戻る
 


《メンキャバの特徴》
メンキャバは、男性従業員(キャスト)が
女性客の隣に座って接待し、
客に飲食をさせる飲酒店。
基本的なサービスは、キャストと飲食を
ともにしながら
歓談、給仕、カラオケ
などである。
性的サービスは許されていない。
客層は、OLや主婦、仕事帰りのキャバ嬢、風俗嬢
などさまざま。
時間帯によって客層や店の雰囲気が変わる。
類似の業種に「ホストクラブ」がある。
ホストクラブとの違いは、
wikipediaにも書いてあるが、
メンズキャバクラというのは女性版でいう
「キャバクラ」に該当し、1時間いくらという形で
料金が加算されるのが基本です。
また、指名変えが自由というのが一般的でしたが、
最近はフリータイムというシステムなどを
取り入れたり、永久指名などになっていたりで
メンキャバをうたいながらも、
客からみたらホストクラブと変わらない形
になってきている。
従業員側での違いとして、
給料の支払い方法が
時給計算になっている場合が多いので、
終電あがりなど、働く時間に
融通がきく場合が多い。

目次へ戻る
 


《ガールズバーの特徴》
ガールズバーは基本的に
カウンター越しの「対面接客」です。
普通の飲食店と同じ扱いのため
"接待接客は禁止されています"。
そのためお触りタッチなどを
されることはありません。
いわば女性のバーテンダーですね。
お客様と店員(バーテンダー)という関係を
保ちながら楽しく会話できるところがいいです。

<メリット>
・時給が高い
・副業として働ける
・ノルマがない

やはり夜の仕事なので時給は
普通のバイトよりも高め。
なんといっても、キャバクラなどと違い
ノルマがないのが一番のメリットです。
服装が自由、髪型の自由も利くなど
気軽に始められることがポイントです!
そのため女子大学生の方が
働いていることが多いです。

<デメリット>
・拘束時間が長い(シフトで調節できます)
・営業時間中ほぼ立ちっぱなし

キャバクラと違い飲食店扱いのため
営業終了時間に制限がありません。
そのため夕方から翌朝まで営業している
所も多く、最長8時間勤務も
普通にありえる時間です。
バーテンダーですから
常に立ちっぱなしの状態で
お酒を作り、接客をします。
ガールズバーで働くほとんどの女性が
「足が疲れる」というぐらい
立ったままは辛いです。
ガールズバーをキャバクラと
勘違いする男性が多いのも事実です。
お酒の席ですので、お誘いや連絡先の交換など
キャバクラと同じような話に なることも多いです。
その辺りをうまく接客できないと
精神的に苦痛になってしまうこともあります。
お店によってサービスが様々なのも特徴です。
基本はカウンター越しの接客サービスですが、
店の方針でダンスタイムや
個別の席に行って話しをするなど、
ややキャバクラ寄りの接客をする場合も
ありますので、お店選びの時に
しっかり確認する必要があります。

目次へ戻る
 


《キャバ系の特徴》
キャバクラとガールズバーとの違いを出して
お話すると大きな違いは
隣に座るかどうか、という点にあります。
もちろん性的な愛撫など(おさわりなど)が
禁止されているのはガールズバーと同じです。

また、よく知られたサービスとして
「同伴」「アフター」などのシステムが
あるのがキャバクラの大きな特徴となり、
ガールズバーにはないところです。

お客との距離が近いという事もあり、
明らかに時給が違います。
キャバクラの時給は低くても
3000円以上なのに対し、
ガールズバーの時給は高いところでも
2000円程度です。

キャバクラの場合は、各種バックシステムが
豊富ですがガールズバーの場合は
バックといえば
ドリンクバック程度のところも多いです。

キャバクラの場合、時給が高いので、
「何か特別なことをしなきゃいけないのかな・・・」
と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
女の子側には、特に迫ヘの違いが求められる
というわけでもありません。
あるとしたらドレスを着るという事
くらいでしょうか。
ガールズバーは基本的にカウンターでの
お仕事になるので、
「立ち仕事がきつい」という話は
ガールズバーでお話しましたが、
その点キャバクラはャtァーでの接客となり、
お店に必要な雑務は全て黒服の方が
行ってくれますので、女の子は接客に集中できる
という感じになりますでしょうか。

目次へ戻る
 


《セクキャバの特徴》
作成中

目次へ戻る
 


《ニューハーフの特徴》
作成中

目次へ戻る
 


《ワイワイバーの特徴》
作成中

目次へ戻る
 


《ショップ&飲食系の各業種の特徴》
作成中

目次へ戻る

(c)townnow.info